立憲民主党の枝野幸男氏が議員会館で喫煙!改正健康増進法とは?禁煙するのはきつい?

どーも!!

オロチんです。

受動喫煙対策を強化するために改正健康増進法が全面施行された今年の4月以降、本来禁止されている衆院議員会館事務所内で、立憲民主党の枝野幸男氏が喫煙をし続けていたことが分かりました。

このことについて、以下のポイントで記事を書いていきます。

  • 報道された記事の概要
  • 改正健康増進法とは何なのか?
  • 禁煙することはきついのか?
  • 議員会館周辺には喫煙スペースはないのか?
  • ネットの反応

おすすめ記事↓

皆さんはFXをご存じでしょうか? おそらく当ブログ記事をご覧になっている方は、FXはやったことがあるという方がたくさんいると思います。 ただまだFXは初心者だよと言う方もいると思いますので、今回はFXをするなら国内口座、海外口座どちらがいいのか?そしてどんな人に向いているのかについて比較しながらご説明します。

報道された記事の概要


それでは今回の報道の概要について、以下の記事をご紹介します。

立憲民主党の枝野幸男代表が、受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が全面施行された今年4月以降も禁止されている衆院議員会館事務所内での喫煙を続けていたことが分かった。

31日の記者会見で質問を受け、認めた。

会見で枝野氏は、「制度を明確に認識し、厳格に運用する認識が甘かったと反省している」と述べた。

「おそらく(事務所内で喫煙する)議員が多く、徹底されていなかった側面が間違いなくある」とも述べ、党内で周知を徹底する考えも示した。 

引用:ヤフーニュース

以上の記事が今回の報道でもあった概要となっております。

ただ皆さんこの記事に出てくる改正健康増進法についてご存じでしょうか?

おそらく知っている方は多数いると思いますが、私自身知らなかったので今回は”改正健康増進法”について調べてきましたのでご紹介します。

改正健康増進法とは何なのか?


それでは今回の議題にもなっている、「改正健康増進法」についていったい何なのかについてまずはご紹介していこうと思います。

改正健康増進法とは、用は定められた喫煙所のみの以外での喫煙は、他者への健康などに害を与えないように定められたプロジェクトのようなものです。

例えば、

公共の場でもある公園内での喫煙は禁止にしたり、飲食店では喫煙所と禁煙エリアを完全に分けたりすることを「改正健康増進法」と言います。

そして今回の「改正健康増進法」の中に含まれていた場所が、”議員会館”ということで炎上しています。

喫煙者にとって禁煙はそんなにきついのか?


それでは今回叩かれている立憲民主党の枝野幸男氏について、事務所内でタバコを吸っていたという報道があった中、喫煙者にとって禁煙はどれぐらいきついのかについて、私の実体験をもとにご説明していきます。

ちなみに現在は禁煙に成功し、今ではたばこのにおいが大っ嫌いになるまでになっています。

そんな私がタバコを止めるきっかけとなって本もご紹介します。

喫煙者は周りからやめろといわれると余計にやめない

このことに関しては意外だと思いますが、喫煙者は周りに煽られれば煽られるほどタバコが止めれなくなってしまいます。

ここに関しては私の実体験から話すと、周りから「タバコはやめた方がいいよ」なんて言われますが、喫煙者からするとそんなこと十分承知の上でタバコを吸っているのです。

それよりも自身から「やめたい」「やめなきゃ」と本気で思わない限りたばこはやめれないぐらい依存性がたたかく、そしてやめたいと思ったところでやめれるようなものでもありません。

なのでやめる時はかなり一苦労するのがタバコと言うものです。

止めても1年後に吸ってしまう

タバコはやめてもまた再発してしまう可能性があるのが、たばこと言う恐ろしい合法麻薬なのです。

中には2年間止めていたが、ふとした時に”友達もしくは会社の同僚”などからたばこを進められ、再発して舞う可能性があります。

なのでやめたら私からのお勧めですが、たばこを吸っている方からできるだけ距離を置くことを強くお勧めします。

私の場合はタバコをやめた後に、あまりタバコを吸わない方が多くいる会社に入社し、たばこを進められる機会を押さえることができたので、私の場合は運が良かったといった感じです。

ただそれ以外の方は、なるべくいタバコを吸っている方のそばにはいかない方がいいと思います。

ちなみに私自身がタバコを止めたいと思ったきっかけの本は、”禁煙セラピー”と言う短い本となっております。

ちなみにこの本は、読みながらタバコを吸ってもいいという何とも喫煙者には優しい本となっております。

詳しくは以下のリンクからアクセス↓


読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

議員会館周辺には喫煙スペースはないのか?周辺の喫煙所は?


では今回問題になっていた議員会館内での喫煙問題ですが、この近くに喫煙所などはなかったのかについて調べたところ以下の場所がグーグルマップで出てきました。

その場所がこちら↓

以上の場所からして喫煙エリアはあまりなさそうな感じですね。

一応離れた場所にはあるみたいですが、以下の場所から議員会館までの道のりは遠すぎます。

周辺にもタバコが吸えそうなカフェなどもありますが、吸えるかどうか話わかりません。

ネットの反応


それでは今回の騒動について、ネットの反応をご紹介します。

  • 『立憲民主所属議員は全員禁煙します!』ぐらいできれば、印象も変わるけど、、、「認識甘かった」程度では、自民党には勝てませんよ。

  • いいじゃん。
    そんな立民の議員にいい印象なんか持っていないし、マスコミも与党なら叩かれるけど、立石議員の非人道的な発言報道みたいに忖度して大騒ぎしないのだから。

  • 認識の問題ではないと思いますよ。

    これだけ世の中で意識されている事を認識できないようなら、余程世の中に関心のない人なのでしょうね。

    庶民の生活を考えてくれるのが、立憲や労組だと言うのに、これでは貴族みたいです。

    正直なだけ、麻生さんの方がマシです

  • 外出自粛宣言後の高井議員のハレンチもしかり コロナを警戒する中で吸わされたくもない枝野代表の口から出た副流煙を会館の中で吸わされる職員たち。
    党の理念やスローガンは立派だが 全く実体が伴ってないとこに国民の共感は得られないよね。

  • 別にタバコを吸うなとは思わないけど、世間では喫煙出来る場所がどんどん減ってきて、会社でも飲食店でも公共施設でも路上でも、喫煙者にとっては肩身の狭い状態になってきてる中、直接関わってる関わってない関係なく、もちろん与野党も関係なく政治家って立場上は率先してルールは守るべきだし、ましてや党首が「認識が甘かった」ではその下に連なる所属議員にも示しがつかないでしょ。

  • 民主系はみんな、認識が甘いだから今にはじまったことじゃない。

    政権交代叫んで交代してみたら何もできず、今も発言で認識の甘さなどがでている。

    今に始まったことじゃないから。安心してもらいたいな。

  • 石垣さんといい枝野さんといい、自民のことはすぐ最低とか辞めろというのに、自分ら人間としてのマナーすら欠落してるじゃない。

    まともな野党がいないというのはまさにこういう所に現れるし、使えない野党に税金が投入されていると思うほど悔しいことはない。

  • 党の代表なのだから責任を取るべきだ。責任を取らなければ与党に同じことで追及する資格は無いからな。
    与野党どれだけ喫煙していたのかわからないが、調査して全議員を公開するべきだ。

引用:ヤフーニュースコメント

以上が今回の騒動について、ネットの反応です。

まとめ


今回の騒動について、ネットで枝野幸男氏を肯定する声や、逆に批判的な声も上がっています。

会見発言した「認識が甘かった」と言う発言に突っ込んでいる方もちらほらいましたが、やってしまったものは仕方がないですよね。

とにかく今後は心を入れ替えて頑張っていただきたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする