ホリエモンもうんざり?ツイッターで三蜜つ出来ない人に対してのつぶやく!

どーも!!

オロチんです。

今回はホリエモン氏(堀江貴文)が、自身のTwitterアカウントでつぶやいた一言が話題になっています。

なので今回はそのツイートの紹介と、私自身の個人的な感想と、ネットの反応をご紹介します。

ちなみに当ブログでは、以前に堀江氏に関する記事も書きましたので、良ければごらんください。

http://olochimaru.tokyo/horiemonfx/

話題になっているツイート


それではまず、その話題になっている例のツイートをご紹介していこうと思います。

その話題になっているツイートがこちらです↓

以上のツイートは、毎日新聞が報道した記事に対して、堀江氏が自身のツイッターアカウントで引用ツイートしたものです。

この記事の内容はあとからご説明します。

そしてこの後にこういったツイートもされていました↓

以上のことをツイートされていていましたが、確かに以前堀江氏が開催しようと思っていたイベントが中止になったのも、コロナの影響でしたが、それ以前にクレームの電話が絶えなかったため、イベントが中止になったみたいです。

そのことから今回のツイートは、中止になった分、こういった人たちに対してうんざりするのもわかりますね。

引用ツイートされた記事の内容とは?

それでは引用ツイートされた記事についてご紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が求められるなか、自宅で楽しめる本や映像作品を求めて書店やレンタルビデオ店の利用客が詰めかけている。休日になると、「3密」(密閉、密集、密接)状態になる店もあり、感染予防のため、従業員を休ませたり、休業を余儀なくされたりする店舗も。大型連休中も客足は途切れることなく続いており、不安のなかでの業務が続いている。

 4月28日午後7時前。名古屋市内の書店では、若い男性会社員や高齢者などがレジの前に長い列を作っていた。連休を控え、実用書や小説などをまとめ買いする客の姿が目立つ。この店は、営業時間を普段より3時間短くし、混雑が予想される土日、祝日は臨時休業に。それでも売り上げは前年同期よりも1割増えているという。

 学校休校の影響で、児童書や参考書の購入者も増加し、レジ前の行列は続く。店内に消毒液を複数置くなどの感染対策はしているが不安を感じる店員も。約30人いる従業員のうち6人は休暇を取っており、男性店長はため息交じりに話す。「店内で感染が広がることが心配。毎日が戦争のようです」

 来店客増はレンタルビデオ店でも。「ゲオ」約1100店を構える「ゲオホールディングス」(名古屋市中区)の担当者は「肌感覚では4月以降、各地で客足は増えている」と説明。「TSUTAYA」を全国で約1200店展開する「蔦屋書店」(東京都渋谷区)によると3月以降、特に40代女性の来店が多いといい、担当者は「自宅で過ごす子ども向け商品を買い求めているのではないか」と話した。

 ただ、来店者の増加は感染リスクと隣り合わせだ。4月30日現在、TSUTAYAは139店、ゲオは7店舗で休業。ゲオではさらに、来店をできるだけ抑えるために、旧作の貸出期限を7泊8日から14泊15日に延長した。

 電子書籍や動画配信サービスが進む一方、書店などの客足が途絶えないのは、作品を手に取って選びたいという客側の思いがある。書店に通うのが日課という名古屋市名東区の女性(70)は「店に並んでいる本を手に取るのは、インターネットではできない楽しみ」と話す。レンタルビデオ店に通う同市瑞穂区の会社員、渡辺香織さん(31)は「動画配信サービスだと元々興味がある作品ばかり見てしまう。棚を眺めて気になるものを借りるのがレンタル店の醍醐味(だいごみ)」と店に通う理由を語った。

引用:毎日新聞

以上が報道された記事です。

この記事について堀江氏は以下のポイントに対して、うんざりしているのではないかなと思います。

そのポイントとは?

  • 本を買うならアマゾンなど利用すればいい
  • TSUTAYAやゲオでもオンラインサービスしているのに
  • 映画などドラマはネットで見ればいいのに

という部分にうんざりしているのではないかと思います。

確かに本なんてネット注文で買えば家にいながら本を買えるのに、こんな時に不要不急の外出をして本を買いに行くのはどうかなと思いますね。

今回のツイートに対しての個人的な感想


今回のツイートに対して、私自身の個人的な感想は、一言で言うと「同感」と言った感じです。

確かにいつまでも家にいるのは疲れるし、ナイーブになるのでちょっとした散歩など、気分を変えてみて外出することじたいはいいと思いますが。

今回のツイートで紹介されていた記事の内容だと、この外に出ている人たちに対して「オンラインでできるじゃん」と言われても無理はないと思います。

最近出版された堀江氏の本はこちらから↓

ネットの反応


それではネットの反応について、ご紹介していこうと思います。

  • 意味があるなら自粛はする 医療従事者の知り合いが 多くいるのでより身近に感じる でも宣言解除の 時期やトリガーを示さず 後出しで「期待に至らなかった」 なんて誰が納得するだろう ちゃんと自粛してきたし 先週までは従う気でいた にも関わらず 無責任な延長宣言とその理由 もう聞けない

  • ついに自殺者でましたね。 とんかつ屋さんの50代ご主人。 店を畳もうとしてた矢先だとか。

  • 俺はもう自粛しないよ、好きなだけ外出て経済活動しまくりますよ。 こんなん守ってたら本当に日本終わる! 国民が自主的に動くしかないでしょ!!

  • 俺はもう自粛しないよ、好きなだけ外出て経済活動しまくりますよ。 こんなん守ってたら本当に日本終わる! 国民が自主的に動くしかないでしょ!!

  • 全員が堀江氏の頭脳があれば経済を止めなくていいかも でも現実、ほとんどの人がルールに従って行動できないので、もっと前段階で家から出さないようにしてるんだと思う

  • 中小の経営者です 今まで我慢して自粛をしてきた会社も限界ですね 200万位の補償で休業して雇用を守れと無理をお願いする丸投げの政府。 良い大学を出てる方達が考えてるとは思えないほどの政策のレベルの低さ。 経済の話をするとSTAYHOMEと言ってるレベルの低い自粛警察。 ほんとにがっかりな国です

  • 正直に言います。最初のうちは「仕方ないか」でしたが、自粛延長にだんだん不信感が湧いてきてます。専門家会議の暴走が目立つ気がしてます。せめてもの救いは副座長の尾身さんが「経済の専門家も入れて欲しい」と言ってました。

引用:Twitter

以上がネットの反応となっております。

一つ一つのつぶやきを見ると、確かに今回のこの記事で紹介されていた、本やなどに並ぶといった行動は今のご時世以上かなと思います。

そもそもこの並んでいる人たちは、はっきり言いますが、思考停止型の人間ではないかなと思います。

とにかく今は感染拡大を防ぐために、不要不急の外出は控えなきゃいけないなと改めて思いましたね。

まとめ


今回の堀江氏が指摘していたのは、以下のポイントかと思われます。

  • 本を買うならアマゾンなど利用すればいい
  • TSUTAYAやゲオでもオンラインサービスしているのに
  • 映画などドラマはネットで見ればいいのに

確かに今現在こういったウイルスの騒動で、人との教理を開けないといけないという時期に、こういった記事を見ると一人ひとりの意識が足りないのではないのかなと思います。

最近では、パチンコ店や沖縄旅行に行こうとしていた方たちが問題になっていましたよね。

ただこれだけは忘れてはいけないのが、責めるべきは人ではなく、ウイルスのほうだということを忘れないでもらいたいです。

とにかく今はいろいろな誘惑を我慢して、少しでも早くこの騒動を終わらせるために頑張りましょう!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする