転売ヤーの爆死事件について解説!今までの爆死事件をまとめてみた!

どーも!!

オロチんです。

皆さんは転売ヤーと呼ばれる人種はご存じでしょうか。

転売ヤーと聞くと皆さんはどういったイメージをお持ちでしょうか?

おそらくだいたいの方はテレビのニュースや、ネットニュースなどを見て「せこい人種、害悪、人でなし」などのイメージがついていると思います。

私自身も転売ヤーにあまりいいイメージはありませんし、正直害悪以外の何物でもないとおもあっているので、おそらく皆様と同じようなイメージを抱いています。

そんな害悪転売ヤーがなんと爆死するという事件が近年多発しており、販売元メーカーも最近では転売ヤー対策などを行い転売ヤー撲滅にかかっております。

今回はその転売ヤー爆死事件について、皆様が喜ぶメシウマニュースを簡単にまとめてみましたのでご紹介していこうと思います。

転売ヤー爆死事件について解説とまとめ


それでは今回ご紹介するのは以下の転売ヤー爆死事件となっております。

  • 100日後に死ぬワニ爆死事件
  • マジックザギャザリン爆死事件
  • ピザポテト爆死事件
  • PS5爆死事件

おそらく皆さんご存じではある名前が一覧であると思いますが、これらを順番にご紹介していこうと思います。

100日後に死ぬワニ転売ヤー爆死事件

事の始まりは2019年に連載がツイッターにてスタートした「100日後に死ぬワニ」から始まり、当時ツイッターではこの100日後に死ぬワニの”ワニ君”が、本当に100日後に死んでしまうのかについていろいろと話題になっていました。

そんな社会現象にもなった100日後に死ぬワニですが、連載終了後なんとグッツや書籍化も発表され、中には限定グッツなども販売され多くの転売ヤーたちがここに目をつけて、大量にグッツを発注しメルカリなどのオークションサイトで転売していました。

ここまでは転売ヤーの方たちがメシウマになる話題なのかなと言う風に思いきや、なんとこの100日後に死ぬワニは連載終了後に、「グッツ、書籍、映画化」と言った発表がされいきなりビジネス的な宣伝をしてくるのでそれについて一気に炎上してしまいました。

この炎上については過去に当ブログでも取り上げているので良ければそちらもご覧ください。↓↓↓

100日間生きたワニが炎上中?酷評の感想が絶えない?ネットのおもちゃにされてしまう?

100日間生きたワニを実際に見た感想!カエルがウザイ?炎上の理由は?

その影響でグッツや書籍などが全く売れないといった状況になり、まさかの原作が炎上して転売ヤーも大損こいた事件でした。

マジックザギャザリン爆死事件

次にご紹介するのは、日本ではあまりなじみのないトレーディングカードゲームの「マジックザギャザリン」と言うカードゲームの転売ヤー爆死事件について解説していこうと思います。

この爆死事件を語る前に、先ほど紹介した100日後に死ぬワニの転売ヤー爆死事件は、偶然の不運が重なり結果的に爆死事件ではありますが、このマジックザギャザリンはなんと人為的に起こされた爆死事件だったということを前提に読んでください。

ではいったどういった事件だったかと言うと、簡単に説明するとマジックザギャザリンのファン達が協力して、とあるマジックザギャザリンのパックが今熱いというデマ情報を自分たちで流し、そのデマ情報に騙された転売ヤーたちがそのパックを買い全く売れず爆死したという事件でした。

そのとあるパックとはいったい何なのかについてですが、以下のものがドラゴンの迷路と言うパックとなっております。

以上のドラゴンの迷路というパックは、あらかじめネット上でもファンたちの間ではあまりレア度の低いパックではないということが囁かれていましたが、転売ヤーを懲らしめるためファン達が結束し「ドラゴンの迷路は今暑い、ドラゴンの迷路は今一番きてる!」などのツイートをし、見事に転売ヤーがその嘘情報に騙されマジックザギャザリンの”ドラゴンの迷路”を爆買いし爆死しました。

見事なファン達の連携で転売ヤーたちは爆死したわけですが、このファンの結託に関しては「すごいな」と言う一言しか出ないですwww

ピザポテト爆死事件

次のご紹介しる転売ヤー爆死事件は、2016年の11月ごろに北海道に上陸した台風10号の影響で、ジャガイモの収穫不足に陥りカルビーノ商品でもあるピザポテトなどの商品が発売休止になりました。

そこに目を付けた転売ヤーたちがそのピザポテトを大量発注し、メルカリなどのオークションサイトに低下の倍の値段でピザポテトを販売していました。

ただその1、2カ月もたたないうちにカルビーから、「ピザポテトの再販を行います」などの発表があり、転売ヤーたちは賞味危険があるピザポテトを販売しても売れない事態になり、結果大量に売れ残ったピザポテトだけが残る現象が起きました。

この事件に関しては正直「ざまぁ」としか言いようがない事件ですよねwww

PS5爆死事件

最後にご紹介する事件は、PS5転売爆死事件と言う事件ですが、PS5はいまだに高値で取引をされるぐらい人気な商品ではありますが、現在徐々にですが市場に出回っている最中で一分の店舗では予約して手に入るぐらいにはなっていそうです。

そんなPS5も出たばかりは転売ヤーに目を付けられ、なんと転売価格が10万円越えと言う倍以上の値段が付けられ販売されていました。

しかし一夜明けると10万以上もしていたPS5が、8万円台まで価格が下落していた。

理由としては、中国で大量転売を行おうと思っていた転売ヤーだが、PS5を中国で遊ぼうとしてもネットに繋がらないという事実が発覚し、急いで損切りとして価格を下げ転売し始めた。

もうこれに関しては、欲にまみれすぎた報いとしか言いようがない結果ですよねwww

転売ヤーについてネットの反応


最後に転売ヤーについての世の中の反応について、Twitterを参考にご紹介していこうと思います。

以上のように転売ヤーを嫌っている方はほとんどで、そもそも好きな方はいないと思いますがこれが世の中の声です。

私も転売ヤーに関してはあまりいいイメージは持っていませんし、人の弱みに付け込む悪いビジネスとして認識しています。

おそらく今後もこういった人たちは増え続けるとは思いますが、皆様は転売ヤーから物を買わないようにしましょう。

まとめ


今回それぞれの転売ヤー爆死事件についてご紹介してきましたが、私の調べた限りほとんどがファンによる自作自演による転売ヤーを陥れるものでした。

改めて思ますが、ネット民の力って本当にすごいなと思いましたwww

ファンの団結力と言いますか、この計画をみんなで実行できるってなかなかできないことだと思いますし、この団結力は時には悪用もされますが、こういった悪を悪で制

す感じ私は好きですwww

これからも面白いニュースや出来事などをまとめていこうと思いますので、良ければおすすめ記事もご覧ください。

おすすめ記事↓↓↓

アイマスの成海瑠奈が起業家と浮気?もこうもしばらく活動を休止か?

女性がぶーちゃんねるに騙され炎上?本当に闇金に借りている?事務所はどこ?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする