瀬戸大也の不倫で「味の素」CM破棄される?日本が不倫に厳しいのはなぜ?

どーも!!

オロチんです。

最近不倫が発覚した瀬戸大也さんについて、いろいろな意見はあると思いますが皆さんふと思いませんか、「日本ってなんでここまで不倫に厳しいの?

よくテレビのワイドショーや誰かが不倫したことに対して、2週間いや長くて1か月は芸能人のだれだれが不倫しただの報道が流れていますよね。

ああいった報道って私のように「どうでもいい」と思う方人もいれば、「許せない」なと思う方も一定数いると思います。

ただこの日本人が不倫に対する怒りについて、なぜみんな敏感になったのかについて日本の歴史をたどりながら今の現代と照らし合わせていきましょう。

日本が不倫に厳しくなったのはいつから?


では今回の本題でもある、「日本が不倫に対して厳しくなったのはいつ?」ということですが、実は日本が不倫対して罰則を始めて設けたのが鎌倉時代と言われています。

鎌倉時代の罰則では、御成敗式目第34条という法がありその方によると、「姦夫(かんぷ)は強姦(ごうかん)・和姦(わかん)を問わずに所領の半分を没収し、出仕を止め。所領を持っていない場合には遠島とする。姦婦(かんぷ)も同罪」と言う罰則がありました。

それまでは「源氏物語」や「伊勢物語」など、男女の不倫と言うのはそこまで悪いようには描かれていませんでした。

おそらくかなりの数の方が不倫されるといやだという方が増えたのか、それとも国のお偉いさんが不倫をされてむかついたから不倫なしにしたのかまではわかりません。

ただこのころから日本では「不倫はダメだよね」と言う文化が生まれたんですね。

てっきり私は、キリスト教が日本に入ってきたときあたりから得ダメになったのかなとばかり思っていました。

日本の不倫に対する罰則は今と昔では違う?


では次に処罰についてですが、鎌倉時代に初めて不倫に対する処罰が設置されたのは以上からわかるとおり、その処罰も”もし破ったら所有してる土地を半分よこせ”だの”土地持ってないならどっかの島に追放”などこれが軽いか軽くないかは人の感覚次第ではあります。

ただなんとそのあとの室町時代では、もっと処罰が厳しくなり「宿世の敵」ともいわれるようになりました。

そして戦国時代では、今では考えられないような処罰がなされるようです。

その処罰と言うのが死刑です。

具体出来には、武家の夫である奥さんが、夫以外の男性と関係を持ってしまった場合、奥さんを切らなければいけないという処罰があり、さらにその奥さんを殺せなかった場合、”夫、奥さん、不倫相手”全員を死刑にするといったしきたりでした。

恐ろしいですよね…

不倫しただけで殺されるんだったら誰も不倫なんてしませんよね…

こういった歴史を見ると、現代の不倫に対する処罰と言うのはかなり軽くなった気がしますよね。

少なくともお金はとられるかもしれませんが、命まではとられません。

ただ不倫はやってもメリットが全然ないので、皆さんは絶対にやめておきましょう。

やりたいのなら一夫多妻制が認められている国で奥さんを作りましょう。

鼻毛カッターはもう古い、これからの時代はこれ↓


GOSSO ゴッソ ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット(1個)

人間はなぜ不倫や浮気をしてしまうの?


では最後に、今回取り上げた不倫や浮気について、人は不倫や浮気はメリットがないことは十分わかっています。

ただそれでも浮気はやってしまいます。

そんな不倫や浮気をしてしまうことについて、不倫や浮気を許してしまう方がいると思いますが、以下の動画でメンタリストDaiGoさんは不倫や浮気を許してしまう方について語っている動画があります。

1回目の浮気を許すと何が起きるか

以上の動画で紹介されていることについて、人間の約7割の方は浮気をしたいという率が研究結果出てているみたいです。

そして動画内では、浮気を1回許すなら3回目~5回目も繰り返す可能性があるので、「浮気を許す方は覚悟しなければいけない」ということをおっしゃっています。

そしてそんな不倫や浮気などをむ抜くける方法について、以下の動画で語っています。

73%の不倫と浮気を見抜く方法

この動画では、人間はなぜ人間を裏切るのかについて、結論は環境で人間はいとも簡単に人間を裏切る動画では紹介しています。

気になる方はDaiGoさんの動画を見てください。

メンタリストDaiGoさんの動画は、不倫や浮気以外にも勉強になる動画はたくさんありますので、良ければチャンネル登録もしてもらえるといいかもしれません。

最後に


最近芸能人や今回のようなスポーツ選手などが、浮気や不倫をしてしまったなどのニュースが多くみられますが、今回当記事で書かせていただきましたが、日本が不倫や浮気などに厳しいのは歴史をたどるとこういった風景も見えてくるのは驚きですよね。

何なら鎌倉時代から浮気や不倫は許されない行為だといっていたんですから、相当日本人は浮気や不倫が嫌いなんでしょうね。

確かに自分がされてばむかつきますが、現代では芸能人などの浮気や不倫などは世間の皆さんに公開されます。

ただその数百年前は浮気や不倫をしたら、死刑になるなんてありますし、今回不倫が発覚した瀬戸大也は下手したら生まれた時代が悪ければ、死んでいたかもしれませんね。

そう考えれば今の世の中は平和になりましたよね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする