東証のシステムが障害?何が原因なのか?株価の影響は?いつ復旧するの?

どーも!!

オロチんです。

10月1日に東証のシステムが何らかの障害が発生し、なんと9時~15時の株取引が一部の地域でできなくなっていました。

ちなみに今回取引が止まっていた首都圏は、東証と同じシステムを使っていた”名古屋、福岡、札幌”などなど日本のほとんどの取引所が、今回停止になってしまったという異例の事態が起きました。(大阪の取引所は別のシステムなので、大阪は特に影響がなし)

では今回なぜシステムエラーが出てしまったのか?何が原因なのか?そして投資家にとって一番心配なのが、取引している株価への影響はいったい大丈夫なのかについてご紹介していこう思います。

東証のシステムが障害が発生した原因は?


今回騒動についてニュースやネット記事や様々なところ騒がれている今回の問題、実際に今回東証のシステムエラーにより取引を停止するといったことに関しては、きわめて異例な出来事で市場もかなり混乱しているみたいです。

ただ皆さんも気になると思います、「今回なぜこんなことが起きたの?」「結局原因って何なの?」と言った疑問が浮かんでいる方も多いでしょう。

現在その原因について、東証のシステムをの基盤作った富士通そして金融庁や東証の関係者の方たちが現在原因について調べによると、障害は共有ディスク装置のメモリーの故障が、今回のエラーの引き金となったのではないかと言われています。

ただまだ断定できる主な原因は分かったおらず、一部では「サイバーこーげきでは?」ともいわれています。

では今回のようなエラーやトラブルと言ったことは、今回が初めてなのかについて、なんとこういった事態はまれに発生するみたいです。

ただ今回のように1日の取引ができなくなるといった事態は、過去最大の障害みたいです。

では皆さんが一番気になるであろう、今回のエラーによって市場の影響または、株価のへの影響は大丈夫なのかについてご紹介します。

東証のシステムが停止により株価の影響は?マーケットの影響は?


では皆さんが一番気になっているであろう、株価のへの影響やマーケットの影響について調べたところ、株価に関して日経先物や日経平均のチャートを見てもそこまで影響は特にありませんでした。

ちなみに以下のチャートが日経平均CFDのチャートです。

日足を見る限りだとそこまで大した影響は出ていない感じですよね。

ただマーケット関係者に関しては、今回かなりエラー騒動はかなり影響が出ているみたいで、以下のような影響が出たみたいです。

  • 取引所
  • 上場企業
  • 投資家
  • 投資信託の会社

以上のように、今回の騒動に関してはかなりの方々への影響があったそうです。

では肝心の何時復旧するのかについて、調べたてみました。

東証のシステムが復旧するときはいつなの?


今回の東証のシステムエラーについて、皆さんも気になっているであろう「いったいいつ復旧するの?」と思われている方が大半だと思います。

特に投資家や取引所などマーケットに参加している方ならなおさら知りたいと思いますが、現在復旧自体にはめどが立っていなく、2日には復旧はさせますとはなっているみたいです。

ただこの事態が2日連続づいた場合、かなりの損失そして被害が出るとまで言われていて、マーケットのダメージはかなりでかいと思います。

これはあくまで私の個人的な意見ですが、おそらく2日連続で取引ができなくなることは、おそらくないとは思いますが、ただ何があるかはわかりません。

なので何らかのリスクヘッジは、行っておいてもよいのかもしれませんね。

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

ネットの反応


今回の騒動について、ネットの反応をご紹介します。

  • 間違いなく原因あるはずで、刷新と関連するなら絞り込みはできるし。ごく軽微なバグでもこういうこともあるし。とにかく早く対応。

  • 故障はまあ回避できないしむしろ起きる前提でいろいろ考えておかないといけないのだけど、問題は自動切り替えが動作しなかったこと。これはテストや監視が不充分といった人的要因も考えられる。やはり信頼を失ってしまうことは避けられない。

  • 手厳しい意見はもちろんありますが、以前と比べて、ミスはある、頑張って挽回しよう、というコメントも増えた気がします。
    IT化が浸透してシステムとはどういうものかという認識が一般にひろがってきたように思います。
    ま、富士通、今日は徹夜だな。

  • この部分は富士通しか、というより富士通所属の職人SEにしかメンテナンスできない。代替が効かない。発注責任がある東証職員などでは絶対に無理。
    日本ではそういう際どい危うい属人的な世界で、超重要システムがいくつも動いてる。
    デジタルだのDXなどと軽く言ってる政治家や評論家連中は何も分かってない。

  • 商流は東京証券取引所→東証システムサービス→富士通となっているはず。商流的に孫請けが謝罪するとはなんとも言えない違和感。東証システムサービスは下請けに丸投げして利益だけ搾取していることになる。東証システムサービスの横山社長も謝罪に出てこないとおかしいのでは?

  • 原因がわかっていない段階で役員の進退云々は先走りすぎでしょう。もちろん、関係者の故意や重過失によるものだったら、その時は1~2人のクビだけでは収まらないでしょうが。

    一般論として、システムのエラーは少ない方が良いに決まっていますが、完璧なシステムなど存在しませんし、それを追求しすぎると無限にコストが増大します。どちらかというと、起きてしまったときの対応をより早くできるようにしておくのが現実的ではないかと思います。

  • 障害の発生しないシステムなんか存在しないし、言ってしまえばGAFA程の力があっても0に近づけてはしても0にするのは無理。
    今回を機に更により良い物が出来る事を願います。

  • 原因が本当に物理的な故障であるならば、メモリが故障した事が問題の本質ではなく待機システムへの移行が行えなかった事がポイントです。ハードの故障はどれだけ費用をかけても100%防ぐ事は不可能です。IT関連の知識が広がって来たとはいえ、残念ながら高い金払ってるんだから絶対故障しないものでないと困る的な考えの人はまだまだいます。

  • まあ最近Amazon、Google、Microsoftと立て続けに障害起こしてるからね。所詮はフェイルオーバーなんて予想できる範囲でのものでしかなく、予測不能な障害が起きた際は逆にその仕組みが阻害することもある。

  • システムは完璧ではない。にもかかわらず、システムもわからんヤツが偉そうに、責任追求しているはず。何でもシステムにたよると解決に負荷がかかるトラブルになる。システムが停止しても人間が対応できるように逃げ道を作っておくことが大事。システム化しすぎてブラックボックスになるのがこわい。

引用:ヤフーニュースコメント

以上が今回の騒動について、ネットの反応となっております。

まとめ


今回のまとめとしては、現在復旧に向けてシステムエラーについて調べている最中ではあります。

ただ今回東証のシステムエラーについては、まれに起きる出来事ではあるみたいですが、このように1日中取引ができなくなるのは今回が初みたいです。

そしてマーケットへの影響に関しては、以下の影響が一番でかいと思われます。

  • 取引所
  • 上場企業
  • 投資家
  • 投資信託の会社

復旧に関しては現在作業を行っているみたいですが、いつ復旧するかに関しては断定していません。

ただおそらく2日には復旧はするのではないかなとは思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする