NHK広島放送局が運営するツイッターアカウントが在日発言?問題のツイートとは?

どーも!

オロチんです。

NHK広島放送局が運営するツイッターアカウントが、”在日コリアン差別”を行なっていたとして、いま問題になっております。

その問題となったツイートと、問題発言をしたツイッターアカウントをご紹介します。

問題となったことについて取り上げた記事


それでは今回問題視されていることについて、取り上げた記事をご紹介します。

NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために運用しているツイッター「1945ひろしまタイムライン」の投稿の一部が在日コリアン差別をあおっていると批判を受けた問題で、同局は24日「配慮が不十分だった」「ご迷惑をおかけしたことをおわびする」などと謝罪する内容の文章をホームページに掲載した。

ツイッターは「もし75年前にSNS(会員制交流サイト)があったら」との設定で、原爆投下の前後に書かれた被爆者らの日記などを基に、3月から投稿を続けている。

問題となったのは、当時中学1年生の少年の投稿として6月16日と8月20日に記された文章。

引用:ライブドアニュース

以上が今回の問題発言について、取り上げた記事です。

ではなにが問題だったのか?

その問題のツイートとは、いったいどんな発言をしたのかについてご紹介します。

在日発言したアカウントは?


以上のカウントが今回問題になっているアカウントとなっております。

このアカウントでは、もうすでにその問題発言を行なっていたとツイートは消されていたため、ここに載せることはできませんでしたが、ある方がその問題発言のスクリーンショットを撮っていた方がいましたのでそちらのツイートをご紹介します。

問題のツイートは?


問題のツイートは消されていましたが、その問題のツイートをスクリーンショットしていた方がいましたので、その方のアカウントの投稿をご覧ください。

このスクショを見る限り、確かに朝鮮人などの単語がやけに強調されている感じではありますね。

あとはこの方が言うように、指定した日にちの原文など、朝鮮人や蛇を食べるなど全くないとなればガセを流しているので問題ですよね。

ではこのことについて、ネットではどんな反応があったのかについてご紹介します。

もう鼻毛はこれで抜こう↓


GOSSO ゴッソ ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット(1個)

ネットの反応


それでは今回の騒動について、ネットの反応をご紹介します。

  • NHKとプロ市民
    憎しみに満ちて怖いのはどちらだろうか。
    言論の自由を何より愛する日本国において
    「ヘイト」とレッテルを張れば勝つというバカげた論法を許したのがそもそも間違いだったと思う。

  • 「ヘイトをやめろ」と喚き散らしている連中が過去に行って来た悪事を白日の下に晒したら大変なことになる。ぜひ、晒そうじゃないか。特に戦後のどさくさでしたこと一切合切。歴史の教科書では間違っても教えない事実が大量に隠されている。文科省、日教組、教育委員会の隠蔽と指摘しても良いくらいの事案が大量に埋もれている。

  • 北海道出身、広島在住8年。
    NHK広島放送局のこの取り組み、とても勉強になっている。決して8.6だけに留まらず、戦時に生きた人々の日常や思い、風景までをきちんと描いている。そこには目を覆いたくなる事実もある。
    北海道に育ったわたしには、押し付けの戦争反対シュプレヒコールよりも重いメッセージとして戦争の悲惨さが伝わってくる。

    批判をされている方が、この企画の趣旨を十分に理解されていないだろう事は容易に想像できるが、戦争というものがもたらす悲惨さも理解、想像できていないのでしょう。

  • 現在なら差別だのヘイトだのになるかもしれないが、75年前を想定しているんだったら、嘘偽りない形でツイートすべきでは。
    奇麗事だけの企画ならしない方がいい。

  • 歴史だから仕方ない。うちの祖父も食糧を手に入れようと買い出しに行った帰り「列車に乗っていたら駅で突然止まった。すると駅前で白い服を着た朝○人の集団がバンザイして喜んでいた。あー日本は負けたんだと思った」という話をしてくれました。そういうことだと思います。

  • 「原爆投下の前後に書かれた被爆者らの日記などを基にした」とあるんだから、それを違う言い方にするのは違うでしょ。
    そういうことも理解しないで市民グループ連中が文句言ったって、そんなのは通らんよ。

  • 当時の、ある広島の人が、そのような体験をして、そう感じた。

    ただ、それだけのこと。
    私は、やはり大変な時代だった、それぞれが必死だった、平和は尊いと感じたが。
    このような意味のわからない抗議の方が、よっぽど差別を助長するような気がする。

  • 差別とか云々よりも、戦争とはいかなるものかを伝えることが大事!
    戦場だけが戦争ではない、市民が受ける戦争を真摯に事実を伝えることこそ反戦に繋がると思います。
    良い取り組みだと思います。誹謗中傷に負けず続けて下さい。

  • これが現在のことなら大問題。しかし、70年以上も前の“史実”。現在の価値観、道徳観で過去のことを判断することはできない。だから。歴史を学び、反省し、同じ過ちを繰り返さないようにすればいいだけのこと。「そんな時代があったのか…」と自省すればいい。

  • あの時の奴って、これ流す前に「当時の事実や表現が含まれてます」って本当に告知してなかったの?って言う初歩的な話になるよ。あと、この記事にもあるようにこの企画ってもしも75年前にSNSがあったらって企画だったよね?しかも戦争末期の。今とは時代背景が違い過ぎるし、言葉を選ぶような精神的な余裕なんかなかったみたいよ。うちの親戚の中にも被爆者が居るけど、そんな場合じゃなかった、生きぬくのにとにかく必死だったって。

  • 「この世界の片隅に」にも玉音放送の後、韓国旗が上がる描写があります。
    「はだしのゲン」にもあります。
    事実として、そういう人たちがいたという事です。

    そこに良し悪しや思想を差しはさむのは違うと思います。
    「事実」に上も下も右も左もありません、只々「事実」としてそこにあるだけです。

    「差別扇動を認めてコメントを出せ」
    「差別がはびこる今の日本社会でこうした投稿をするとどうなるのか、表現の暴力性に無自覚すぎる」
    「過去に暴力的なことがあったから在日コリアンを排斥してもいいというメッセージを含んでしまっている」

    これらの誹謗中傷は「事実」の中に存在する訳ではなく、それに触れた人の中から発出したものです。
    これらを発する人の根底にこそ無意識的な差別意識があるように思えてなりません。

  • 広島局の取り組みは素晴らしく、ヘイトだ差別だと騒いでいる連中が全く本質を理解して居ないのは間違いない。

    只、NHK本体は相も変わらず南贔屓が過ぎる。報道もドラマも、持ち上げすぎだ。その体質がこういう偏向批判を許すのだ。せめて広島局の取り組みを冒涜する不当な抗議には、毅然とした態度で臨んで貰いたい。

  • 歴史的事実を公開することの何が問題か?
    ヘイト(主観)と歴史的事実を混同するな。
    過去にこんな事があったから、在日を差別していいなんて誰も言ってないし、勝手な思い込み。
    だったら原爆や空襲について語るのはアメリカに対するヘイトか?
    平和を語るとき、過去の戦争に触れるのはヘイトか?

  • 当時は、◯◯という言い方が一般的でお互い色々あったんですよね。だから、あちらも日本が負けたことを喜んだと考えられますが、戦ってもない国が戦勝国はあり得ません。

  • 政治家の大野伴睦は日韓基本条約に大反対だった。理由は、終戦直後に不良○○人集団に襲撃されて以来毛嫌いしてたから。日韓基本条約を締結できたのはナベツネが大野伴睦を説得したと言ってた。終戦後、警察権力が及ばなくなり、各地の警察署が襲撃されてGHQが鎮圧した歴史がある。生田警察署襲撃事件、富坂警察署襲撃事件、七条警察署襲撃事件、その他多数。

引用:Yahooニュースコメント

以上が今回の騒動について、ネットの反応です。

最後に


今回のケースのように、ふとした時に受け取る言葉で差別と感じる方も多くいると思います。

特に日本では人種差別までは行われていませんが、男女間での差別などもあります。

とにかく私も普段から発言には気を付けていこうと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする